煙突の製作・種類

煙突の作成方法

煙突を製造する方法としては大きく分けて2つのものがあります。

一つ目はハゼ折り煙突と言われるもので、この方法は基本的に板を折り曲げて接合を行う方法で作られます。

この方法は完全様々な機械などを使う方法よりも微妙な調整がしやすくなっています。

また、作り手の熟練度などによって誤差が生じることも多いのですが、大量生産においては誤差の範囲内に収めることができるので大変ポピュラーな方法となっています。

二つ目が溶接煙突と言われるもので、単純に溶接によって作製が行われるもので、この煙突は溶接にて作製を行うためにある程度の熟練などの作り手に技術を求めることが多いのですが、作製後の耐久性は高く熱に対しても熱変形を起こすことが少なくすることができるので、長期間に渡ってメンテナンスの必要がないです。

そのため大半が一度設置を行ってしまったら使用しなくなるまで使えるので、よほどのことがなければ修理や補修の手間がありません。

煙突の種類

一般的に設置される煙突にはシングルのものとダブルのものの二種類があります。

基準としては設置される場所のスタイルや予算に合わせて使われることが多いのですが、それぞれに様々な特徴があります。

まずはシングルの場合は、単に板を丸く曲げただけのものです。

そのために直接触れると煙突内を通る熱を帯びた煙の熱気により本体が熱せられているので、火傷をしてしまうといったことが起きてしまいます。

その点ダブルの場合はシングルに断熱層と言われる空気断熱層をつけた構造になっています。

そのため、直接煙突に人体が触れたりしても基本的には火傷などをしないような構造になっております。

煙突のプロ

設置される場所が野内の高い場所であったりとか直接野外へ出ている場所などではシングルが使用され、それ以外の低い場所であったり、屋外に飛び出ていても人体に触るなどの可能性がある場所などでは、ダブルのものを使用し安全面に配慮した上での使用がされています。